2016年4月23日土曜日

盛岡一高のSGH事業


2016.4.13岩手日報














上記は、「盛岡一高が平成27年度からSGH指定校となり、様々な成果を上げている」という内容の記事です。

*SGH(スーパーグローバルハイスクール)については文部科学省SGHのページ参照のこと。

このような取り組みによって、生徒の潜在能力が発揮されたり、周りの世界に対する見方が変わるということは良いことです。

人は何か大きなきっかけ(外部からの強制力)がないと、自分から行動したり、見方や考え方を変えることはできないですから。

今後も盛岡一高の生徒たちが高い意識を持って取り組み、大きな成果を出してくれることを期待しています。

盛岡一高のSGH事業はあと4年間続くので、盛岡一高への進学を目指す生徒のみなさんは、ぜひ、このチャンスを生かしてください。

盛岡一高進学を目指すにあたっては、学問的好奇心というものを持っておいてほしい。

勉強していて、興味が湧いたことや疑問に思ったことがあったら、自分で調べたり考えたりして、学問的好奇心の種を増やしておくことが大事です。

もしかしたら、それが将来の仕事につながるかもしれないですからね。













0 件のコメント:

コメントを投稿